ちまめの飼育部屋

カメ、ヘビ、イモリ、植物のお世話ブログ

ゴメンね、ミルコ。

5月12日、ミルコが天国に行きました。私の不注意により、死なせてしまいました。

その日は久し振りに朝から晴れていて暖かかったので、カメ達をベランダで日光浴させていました。

ホルスちゃん(ホルスフィールドリクガメ)、英二(サソリドロガメ)、ミルコ(ヒメニオイガメ)の3匹は水槽や囲いから出しベランダに放していました。

うちのベランダは、柵ではなく壁になっており真ん中に5cm位の切れ目が縦に入っています。そこから落下してしまったようです。

両サイドのお隣さんとの境は下の部分を板と柵で作ったつい立を立ててあります。

問題は壁の切れ目です。ホルスちゃん、英二はどうやっても抜けられませんが、ミルコは少し斜めになれば抜けられます。ベランダ散歩の時は衣装ケースを壁の切れ目の前に置いて、出ないようにしていました。

しかし、衣装ケースは下の方が少しすぼまっていて壁との間に隙間が出来ていました。そこから入って行き、切れ目までたどり着いたようです。

ミルコが見当たらないのに気が付き、物を退かし探しましたがいません。嫌な感じがしたので下に降りてみると、裏返しになって動かないミルコがいました。慌てて駆け寄り拾い上げました。まだ生きています。

しかし、背甲と腹甲の間が割れ、血が滲んでいました。背甲の後ろ(臀甲板)も欠けていて、瀕死の状態でした。

爬虫類の診れる動物病院を検索すると、カブで20分位の所に爬虫類を診られる動物病院がありました。連絡してすぐに向かいました。

到着してビックリ、激混みです。病院の外で待っている人もいました。到着後40分、先生に診ていただく頃にはもうほとんど動かなくなっていました。

傷が肺まで達していて、その場で治療していても助からなかったでしょうという事でした。私も待合室で待っている間、だんだんと動かなくなるミルコを見ていて、薄々もう助からないだろうなとは思っていました。

私のワガママですが、受付してすぐに状態だけでも診に来ていただきたかったと言うのが本音です。電話した時にどういう状況か伝えている訳ですから。助からないにしても、それで次に何かあった時はまた先生に頼もうと思いますよ。絶対。

でも、犬、猫を連れている人が多い中、1人だけコーンスネークを持っていた人が居たので、爬虫類を診る事はみるようです。今思えば、その人にどんな病院か話を聞けば良かったのでしょうけど、その時は余裕がありませんでした。

こういう時のために、普段から獣医さんを探しておいた方が良いですね。こういうのは自分ではどうにも出来ませんから。獣医も歯医者も一杯あるので自分に合った所を見つけるには運が必要かもしれませんけど。

しかし、いつまで経ってもダメですね私は。どんだけカメを飼っているんだって話ですよ。ほんと情けない。自分に腹が立った。先生もよくある事ですから、って慰めてくれましたが、よくあるからいつでも気を付けていなければいけないんですよね。人生半分以上カメを飼っているんですから。ほんとに不甲斐ない。情けない。

ゴメンね、ミルコ。そして、22年間ありがとうございました。君がいなければ繁殖しようとは思っていないかもしれません。結局、君の子供は見られませんでしたが、今後も次世代に繋がるような飼育をして行きたいと思います。

f:id:machidacustom2015:20180408164602j:plainf:id:machidacustom2015:20170409102249j:plainf:id:machidacustom2015:20170326163307j:plain

kamehebiimori.hateblo.jp

kamehebiimori.hateblo.jp

👇🏻良かったら押してください。

にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ

にほんブログ村 その他ペットブログ ヘビ(スネーク)へ

にほんブログ村 その他ペットブログ イモリへ
にほんブログ村

御指摘、ご質問がございましたら、お気軽にコメントして下さい。🐢